私は鉄子ではなく、地図子です

地図子、24歳。東京都在住。鉄道男子と散歩女子の中庸をいく。暇さえあれば、Google Mapで妄想旅行。夢はブラタモリ出演と地図子本出版と多摩川沿いにレンタサイクルカフェオープン☆

山手線二十九景 -20 日暮里-

日暮里駅は、2つの異なる顔を持つ。

 

 

 

私が人生で最初に日暮里に降り立った側、

そして今回自転車で出てきたのは、平地側である。

 

 

 

平地側は下町情緒で目線が低く、少し陰が落ちる中に、

突如ペデストリアンデッキがあり、

日暮里舎人ライナーの始発駅でもあり、

タワーマンションも建ち、と近未来化が進む。

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604093905j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604093921j:plain

 

 

 

しかし、台地側は全く別の駅なのだ。

この文章を書くまで同じ駅だということを忘れるくらい。

 

 

 

台地側へは電車を見下ろしながらもみじ橋を渡る。

青い空には、くっきりそびえ立つ、スカイツリー

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170627211829j:image

 

 

 

こちらには四季の草木が落ち着く、谷中霊園が広がっている。

家族で遥か遠くの人に想いを馳せる。

周りの建物もいつからか時代が止まっているようだ。

 

 

 

奥に行けば千駄木。根津。

かすかに文京区の香りがする。

様々な時代の風が吹く、それが日暮里。

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170627211846j:image