私は鉄子ではなく、地図子です

地図子、24歳。東京都在住。鉄道男子と散歩女子の中庸をいく。暇さえあれば、Google Mapで妄想旅行。夢はブラタモリ出演と地図子本出版と多摩川沿いにレンタサイクルカフェオープン☆

山手線二十九景 -9 品川-

品川は、新幹線が通る大ターミナルだが、難解なことがいくつかある。

 

 

 

 

 

1つ目に、品川駅は品川と付くのに品川区ではなく、港区に位置する。

 

2つ目に、品川より北品川の方が南にある。

 

この2点については、東海道品川宿はもともと品川区の北側の北品川近辺にあり、

現在の品川はそこを避けて更に北側に造られたからだそうだ。

 

 

 

 

 

そして3つ目に、大ターミナルでお店がたくさんありそうなのに、

キットカット抹茶味を置いているお店は1つもない。

 

f:id:chizuchizuko:20170604092547j:plain

 

今回はラオス人の友達が

東南アジア出身の学生向けのツアーに参加し、

品川プリンスホテルに宿泊しているというので、夜会いに行った。

 

シャンデリアが明るいロビーでふかふかのソファでに座り、友達を待っていると、

色々な東南アジアの国の学生が興奮しながらその日のツアーについて話している中、

友達が他のラオス人7-8人と一緒に現れた。

 

ツアーは楽しかったかどうか聞くと、東京を色々回った話をしてくれたが、

最後にその日が最終日なのでお土産を買いたいと言う。

 

「どんなお土産を探しているの?」と聞くと、

「MACCHA KIT KAT!」

との明るい返事。日本からのお土産3本の指に入る定番だ。

 

 

 

そういうわけで、7-8人の他のラオス人の子たちもわいわい連れて、

20時過ぎの品川へ繰り出す。

探すべくはもちろん、キットカット抹茶味だ。

 

 

 

まずは、品川駅の高輪口側のコンビニなどを探すが、

そもそもコンビニがあまりなく、

キットカット抹茶味のファミリーパックは見つからない。

 

次に、品川駅の駅ビルを探す。

東京駅は地下1階や1階に新幹線利用者用のお土産さんが多くあるが、

品川駅はコンビニしかない。そして抹茶味もない。

 

友達に他のお菓子はどうかと勧めてみるが、

「う~ん」とお菓子を手に取っては戻す。

そうこうしているうちにお店もだいぶ閉まってきた。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、友達に、

「ごめん、品川にはキットカット抹茶味はないみたい。

今度会うときには探して、お土産として持って行ってあげるね。」

と申し訳なく伝えた。

 

すると友達は、

「そっか~。それは残念。

でもこのツアーで日本がとても素晴らしいと思ったから、

絶対また来るよ!そのときにキットカット抹茶味も買う!

 

 

 

 

 

ちなみに、この後渋谷にみんなで遊びに行こうと思うんだけど、

そこには抹茶味売ってるかな?」

 

 

 

 

 

おったまげー!!

さ、先に言っていただけると・・・

 

 

 

 

 

というわけで、最終的にラオス人10人弱を

ツアーガイドのように山手線の中に1人残らず誘導し、

終電まで遊ぶつもりなのを、終電1本前の電車の時間を念を押して伝えたのだった。

 

その後、友達は本当に半年間日本に留学に来たので、

学生向けのツアーで日本に好感を持ったか、

相当キットカット抹茶味をはまってしまったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

品川にキットカット抹茶味が置かれていないのは、

難解だが重要な意味があるようだ。

 

f:id:chizuchizuko:20170614102642j:image