私は鉄子ではなく、地図子です

地図子、24歳。東京都在住。鉄道男子と散歩女子の中庸をいく。暇さえあれば、Google Mapで妄想旅行。夢はブラタモリ出演と地図子本出版と多摩川沿いにレンタサイクルカフェオープン☆

地図子、たまに荒川を行く -平井大橋から河口まで-

お元気ですか、地図子です!

山手線二十九景を書いているうちに、

梅雨は明け、あっという間に小学生は夏休みを迎えてしまいました♪

蝉の音が似合う季節になってきましたね~!

 

 

 

 

 

さて、今回は久しぶりの「たまに荒川を行く」です!

前回夕暮れのタイムアップで平井大橋までしか到達できず・・・

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

今回は再び平井大橋に戻り、遂に河口を目指します!

一旦は11.4kmの旅!

 

f:id:chizuchizuko:20170721234023j:plain

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、約1ヶ月前の某日。

まだ自転車漕いでもさほど汗ばまなかった頃。

平井大橋に到着!はい、快晴最高!

 

f:id:chizuchizuko:20170604104522j:plain

 

野球少年たちが小鴨のように可愛く走り抜ける中、「新小岩之景」を発見です。

「昭和30年頃までの荒川は、帆かけ舟がゆったり走っていて、

広々とした周囲の景色にぴったりの、のどかで美しい環境がありました。」

と書いてあるのを想像するのは風情がありますね。

平井大橋のすぐ隣をJR総武線が渡っていきます。

 

f:id:chizuchizuko:20170604104626j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604104650j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604104751j:image

 

 

 

首都高の下をくぐると、左岸には何やらおじさんがたくさん・・・

実は隣は中川で、ボートレース江戸川が盛り上がっている模様です。

荒川と中川の間の景色がなかなかシンプルで、すかっとします。

 

ここで登場する「船堀之景」で書かれている、

船堀の隣に松江という地名があるのが松江城近辺を想起させます。

松江一中の隣にある「ちょっとした桜並木」も気になる。

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604104907j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604104952j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604104955j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152321j:plain

 

ボートレース江戸川を過ぎると、船堀駅を擁する都営新宿線の高架下が現れます。

よく見ると、スカイツリーに向かって真っすぐに線路が敷かれているみたいです。

 

f:id:chizuchizuko:20170604152351j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152356j:plain

 

 

 

都営新宿線を過ぎるとまたもや地名が変わり、いよいよ荒川最後の高架下です!

「西葛西之景」には、

「新川は行徳方面から、魚や塩などを江戸に運ぶ重要な運河だったんだよ」

とあり、以前のブラ地図子浦安編に通じそうな予感。

そして何と河口までも後1kmとの看板が!

 

 

chizuchizuko.hatenablog.com

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604152429j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152521j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152540j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152558j:plain

 

遂に東西線高架下へ到着!

青い。電車も青いです。

 

f:id:chizuchizuko:20170604152525j:plain

 

 

 

ふ~、やっと東西線が見えた!残すは河口のみ。

と思ったのですが、携帯で地図を確認すると、

東西線の一つ手前の葛西橋以降荒川と中川の間から抜け出せる気がしません。

結局来た道を戻ることになりそうだけど、どうしよう・・・

 

でもせっかく来たので荒川と中川の間を極めて見せよう!

最悪泳いで渡ってやる!!!

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604152733j:plain

 

 

 

ふ~、無事荒川と中川の間の先端に到着しました!

河口から0kmの看板が清々しいです。

でも泳いで渡るのは・・・少し遠いかも・・・(ぼそっ)

 

なんて考えながらふと見上げると、

この三角形はもしかして・・・

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604152750j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152808j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604152838j:plain

 

最後にありました、「臨海之景」の看板!

地図の真ん中に「旧海岸堤防碑」と、

「ここから先が海だったんだな?」と言っている男の子を発見!

京葉線の方は昔はどっぷり海水に浸かっていますね。

 

そんなことも確認できたので、諦めずに先端まで来て良かったです♪

そして看板の隣から望む、本物の臨海の景色も心が洗われます。

 

 

 

 

 

 

 

・・・終わり?

荒川河口まで辿り着いたので、ここで終わりにするか迷った挙句、

せっかくなのでもう一つの「臨海」も極めることに・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170604152905j:plain

 

来ちゃいました、葛西臨海公園

荒川河口まで来たんだからついでに、と思ったのですが、

先ほどの葛西橋まで戻ったところ、実はそこからなんと6km!

しかも首都高速湾岸線を渡る手段が歩道橋しかなく、四苦八苦。

 

ようやく辿り着いたものの、公園はファミリーで賑わっており、

謎のおひとりさま女子の存在価値を見出せなかったため(泣笑)、

手を洗ってさっさと撤退。

 

 

 

 

 

 

 

・・・終わり?

いやいや!!

結構疲れてきた気がするけども!!

もう1ヶ所荒川沿いの有名どころへ!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170722003343j:plain

 

最後に立ち寄ったのは 、祝☆初若洲海浜公園です。

 

こちらも葛西臨海公園からだと、車だと首都高速湾岸線ですぐなのですが、

今回は東西線まで北上し、荒川を渡り、

南下して有楽町線新木場駅を通り過ぎ、

人が全然いない工場地帯をひたすら行きます。

 

なかなか辿り着かないので心が折れかけましたが、

いざ着くと、ベイブリッジとその上を通る飛行機を眺めることができて絶景でした。

遠かったけどまた心いくまで夕陽が沈むのを眺めたいですね♪

 

それにしても葛西臨海公園は1989年に開園、

若洲海浜公園は元々ゴミの埋立地だったのに1990年に開園、

と考えると最近まで海だったのに、

今では草木が茂る憩いの場になっていて感動します。

 

 

 

魚を求めてにゃんこたちもたくさん!

 

f:id:chizuchizuko:20170722004643j:plain

f:id:chizuchizuko:20170722004653j:plain

f:id:chizuchizuko:20170722004655j:plain

 

 

 

 

 

今回の「たまに荒川を行く」はここまでです♪

この日は平井大橋の前に寄り道をしたので、合計70kmほどぷらぷらしていました。

何を目指しているんだ(笑)

 

荒川に関しては河口に到達したので、戸田橋~河口を制覇!

また時間があれば彩湖の方も行きたいです・・・!

 

 

 

 

 

皆さんも荒川と中川の間、あるいは若洲海浜公園

ゆっくりと太陽が沈むところを眺めてみては?♡♡

 

f:id:chizuchizuko:20170722005438j:plain

山手線二十九景 -エピローグ-

お久しぶりです、地図子です!
1ヶ月半もの間、山手線二十九景にお付き合いいただき、ありがとうございました!
東京都に住んで自転車で一周するのが夢だったので、
紆余曲折ありながらも無事ぐるりと回ることができて嬉しいです!

 

 

 

 

 

事前に山手線は34.5kmだと確認したので、
1時間10kmとして大体4時間くらいかな~と思っていたのですが、
9:30スタートの17:00ゴールで・・・


自転車なのになぜか7時間半かかりました。


なぜだ。え、なぜ?
他の方のブログを読むと、歩いて9時間の猛者がいるので、
地図子、時空を曲げている・・・?

 

 

 

 

 

最後に山手線を一周してみての、
地図子の地図子によるみんなのための勝手な山手線ランキングと、
山手線商店街二十九景をお届けします☆

 

 

 

 

 

 

 

☆地図子の地図子によるみんなのための
勝手な山手線ランキング☆

 

①地図子が住みたい駅
3位
やはり息子がいたら一緒に住みたい・・・閑散としているところも愛らしい。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
気品があり、住んでいたら毎日色々な庭園を回りそう。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
周辺の落ち着きと、美しい眺望が最高です。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

②ディープを通り越してファンキーな駅
3位
もはや全然日本じゃない。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
今回は駅しか通ってないが、時間があれば周辺も回ってみたい。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
本当にみんな話しかけてくる、驚異的な駅。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

③東西の通行導線を改善してほしい駅
3位
駅自体はそんなに大きくないはずなのに、なぜか出口が遠い。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
最近やっと地下通路をマスターできるようになってきたけどJRを開放してほしい。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
地下通路すら北側でしか繋がっていないのでJRを開放してほしい。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

魔界な駅
3位
大人気な駅に挟まれて、とても静か。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
駅の東西で雰囲気が全然異なり、同じ駅だということを忘れる。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
オフィス街と下町のハーフだと思っている。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

⑤青春な駅
3位
学生時代はここが東京で来れる精一杯だったという人が多そう。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
純粋に遊びに来ている人しかいない。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
山手線随一の学生街。昼も夜も楽しそう。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

 

⑥商店街が廃れていた駅
3位
誰も商店街だと思っていない感がすごい。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
とにかく何もない。が、ギリ商店街ではなくただの通りかもしれない。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
商店街と名前がついているのにお店が撤退気味。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

⑦商店街が独自のスタイルで栄えていた駅
3位
若者の聖地だが、意外と自然も多い。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
ご老人の聖地って日本でここ以外あるのかしら?

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
インスタでもコメントが多かった、みんな大好き昭和な商店街。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

⑧よく読んでいただけた駅(2017年7月16日時点)
3位
ファンキーさに共感いただけたのか・・・?皆さんも話しかけられますよね?

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

2位
逃げ出すシリーズは人気でした♪山手線だと1時間で帰って来れますしね!

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

1位
やはり新幹線のステマが効いたのでしょう。全然地味じゃないよ!!(歓喜

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

☆山手線商店街二十九景☆

1. 新宿 - 思い出横丁

f:id:chizuchizuko:20170528184643j:plain

 

2. 代々木 - 代々木商店街

f:id:chizuchizuko:20170528184734j:plain

 

3. 原宿 - 竹下通り

f:id:chizuchizuko:20170528184913j:plain

 

4. 渋谷 - センター街

f:id:chizuchizuko:20170528184922j:plain

 

5. 恵比寿 - 東恵比寿通り

f:id:chizuchizuko:20170528185105j:plain

 

6. 目黒 - 目黒不動商店街

f:id:chizuchizuko:20170611191947j:plain

 

7. 五反田 - 五反田ゆうらく通り

f:id:chizuchizuko:20170604092334j:plain

 

8. 大崎 - ニュー大崎店舗街

f:id:chizuchizuko:20170714213538j:plain

 

9. 品川 - 港南2丁目

f:id:chizuchizuko:20170614102642j:plain

 

10. 田町 - 慶応仲通り商店街

f:id:chizuchizuko:20170604092744j:plain

 

11. 浜松町 - 芝商店街

f:id:chizuchizuko:20170714214045j:plain

 

12. 新橋 - 新橋西口通り

f:id:chizuchizuko:20170604092847j:plain

 

13. 有楽町 - ガード下

f:id:chizuchizuko:20170604093201j:plain

 

14. 東京 - 八重洲地下街

f:id:chizuchizuko:20170620125738j:plain

 

15. 神田 - 神田西口商店街

f:id:chizuchizuko:20170604093343j:plain

 

16. 秋葉原 - 中央通り

f:id:chizuchizuko:20170604093459j:plain

 

17. 御徒町 - アメヤ横丁

f:id:chizuchizuko:20170604093514j:plain

 

18. 上野 - アメヤ横丁

f:id:chizuchizuko:20170604093712j:plain

 

19. 鶯谷 - 朝顔通り

f:id:chizuchizuko:20170604093819j:plain

 

20. 日暮里 - 日暮里駅前商店街

f:id:chizuchizuko:20170604093921j:plain

 

21. 西日暮里 - 谷中銀座商店街

f:id:chizuchizuko:20170627110530j:plain

 

22. 田端 - 田端高台通り

f:id:chizuchizuko:20170604094600j:plain

 

23. 駒込 - アザレア通り

f:id:chizuchizuko:20170604094837j:plain

 

24. 巣鴨 - 巣鴨地蔵通り商店街

f:id:chizuchizuko:20170604094948j:plain

 

25. 大塚 - サンモール大塚商店街

f:id:chizuchizuko:20170604095038j:plain

 

26. 池袋 - 西一番街

f:id:chizuchizuko:20170702194825j:plain

 

27. 目白 - 目白銀座商店街

f:id:chizuchizuko:20170708122758j:plain

 

28. 高田馬場 - さかえ通り

f:id:chizuchizuko:20170604095420j:plain

 

29. 新大久保 - 百人町あかるい会

f:id:chizuchizuko:20170604095457j:plain

 

 

 

お・わ・り♡♡

山手線二十九景 -29 新大久保-

遂にこの瞬間がきた。

今回山手線自転車で一周の旅の最終目的地、新大久保駅

 

 

 

1日中頑張って漕いだのだから、漕ぎきったときにはどこか新しいステージに到達し、

新しい地図子に生まれ変わっているはず・・・!

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながら駅前を通ると、もうすっかり陽が落ちてきていた。

そんな夕方の風景が元工場地区によく似合う。

 

 

 

けれど、今の新大久保の工場地区っぽさは

地図で新大久保と大久保を見たときの碁盤の目からしか感じられなかった。

 

f:id:chizuchizuko:20170604095441j:plain

 

今回初めて降りたら、あら、びっくり!

ここはソウルの街角なのか?というくらい韓国風の人とお店で溢れていた。

どこを見て聞いてもハングルハングルハングルである。

 

 

 

 

 

 

 

今回新宿から始まり、

休日1日かけて山手線を自転車で1周した結果、

辿り着いたのはまさかの国外、ソウルだった。

 

 

 

果たして新しい地図子にはなれたのか・・・?

それは…

 

 

 

 

 

 

 

山手線のみぞ知る。

 

f:id:chizuchizuko:20170604095457j:plain

 

<完>

山手線二十九景 -28 高田馬場-

学生時代を少しでも高田馬場で過ごしてアホなことをすれば、

死ぬ前に思い出して、くすっと笑ってから成仏できる気がする。

 

ロータリーも周りの居酒屋も

いつも今を楽しむ学生、今を悩む学生で溢れている。

 

f:id:chizuchizuko:20170604095403j:plain

 

こうやって甘酸っぱくもありほろ苦くもある青春時代を過ごすと、

どこか大人になっても学生の心が残っている気がするのだ。

その最たる例が、私の大好きな探検家、高野秀行さんである:

 

誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」

 

f:id:chizuchizuko:20170604095420j:plain

 

人生で忘れてはいけないことが、高田馬場のあちこちに転がっているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

今を楽しみ、

今を悩み、

今を生きる。

山手線二十九景 -27 目白-

目白は今回初めて降りた駅の1つだが、なかなか閑静な良い住宅街だったので、

目白近辺だったらどこに住もうか想像してみた。

 

f:id:chizuchizuko:20170604095224j:plain

f:id:chizuchizuko:20170708122758j:plain

 

駅の近くにもお店は多いが、

何となくもう1本路線が近い方が交通の便が良い気がする。

池袋に近いと夜帰るときに色々な人に話しかけられそうだが・・・

 

「そういえば地図で見ると高田馬場も近いな。

高田馬場との間だったら便がいいのでは?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170708122801j:plain

f:id:chizuchizuko:20170604095346j:plain

 

 

 

 

 

 

 

・・・忘れていた。

目白と高田馬場の間は絶壁だ。

この絶壁があるから今回の山手線一周を内回りにしたのだった。

 

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

毎日クリフクライミングをしないといけないかもしれないので、

目白と高田馬場の間に住む夢は、一旦坂の上に置いてきた。

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170708122759j:plain