私は鉄子ではなく、地図子です

地図子、24歳。東京都在住。鉄道男子と散歩女子の中庸をいく。暇さえあれば、Google Mapで妄想旅行。夢はブラタモリ出演と地図子本出版と多摩川沿いにレンタサイクルカフェオープン☆

ブラ地図子 -倉敷編-

3連休ですね、地図子です!

そして過保護のカホコが終わってしまいましたね~地図子、号泣しました。

地図子ファミリーに張り込んでいたのでは!?と思うほど似てました。

 

そして前回の記事で山﨑賢人くんの誕生日を祝い忘れました、おめでとう

竹内涼真くんと山﨑賢人くんが陸王で奇跡の共演を果たすと聞いて、

地図子、倒れそうになりました(笑)陸王、楽しみです!!

 

 

 

 

 

 

 

さあ、最近多いテレビ前説はここまでにして、

今回は2017年夏のブラ地図子第4弾!

広島→宮島→尾道ときて、もう予想がついているかもしれません・・・

 

 

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

倉敷です!

実はブラタモリ倉敷の回は、今回の旅行の宿を決めてから録画で観たのですが、

録画を見てびっくりぽん

なぜなら・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815233555j:plain

 

何も知らずに面白そうだからという理由で、ルート2と3で紹介されている

倉敷アイビースクエアに宿泊予約をしたからです!!歓喜!!

 

 

  

倉敷アイビースクエアは元々代官所があった場所でした。

倉敷は江戸時代に天領だったため、武士が少なく、

領地の支配に商人の力を借りていました。

比較的自由に商業ができた倉敷では、

商人が街づくりに大きく関わることになりました。

 

また、明治時代には綿花を活用する紡績工場に生まれ変わります。

イギリスの工場をそっくり真似たがために、

直射日光が入ってくるホテルのロビーもゆっくり拝見♡

 

f:id:chizuchizuko:20170815233512j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233728j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233750j:plain

 

 

 

さあ、早速倉敷探検です!

外の壁もイギリス積みになっている倉敷アイビースクエアから、

まずは鶴形山にある阿智神社に向かいます。

 

f:id:chizuchizuko:20170815233808j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233824j:plain

 

階段をえっちらほっちら登ります。

鳥居の上に皆が石を乗せようと必死に投げた痕跡があって面白いです!

ここから見える景色は・・・

 

 f:id:chizuchizuko:20170915230956j:plain

f:id:chizuchizuko:20170915230953j:plain

 

実は倉敷はもともと

お金があった豪商が海を埋め立てて新田開発したそうです。

確かに地図を見ても、倉敷が内陸の街ではないことを

西を流れるワイルドな高梁川が語っています。

自ら土地を作ったとは、日本版オランダみたいですね。 

 

そして、なぜか山の上まで蔵がありました☆

 

f:id:chizuchizuko:20170915212711j:plain f:id:chizuchizuko:20170915230957j:plainf:id:chizuchizuko:20170815234147j:plain

 

 

 

鶴形山をえっちらほっちら下り、改めて倉敷美観地区をぶらぶら♪

現れたのは、タモリさんのおじ(笑)が経営している森田酒造場です。

ここのお宅の下に川が通っていました。

番組では酒造場の前は畳表を作っていたとのことでしたが、近くには森田畳店も!

倉敷タモリさんばっかりです!

 

森田家のような豪商の方々が、お酒や畳だけではなく、

開拓した土地で地主となり、そこで得たお米を倉敷の蔵に蓄え、

大阪へ売る商売をして益々リッチになっていたんですね。

 

f:id:chizuchizuko:20170815233903j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233905j:plain

 

そして森田ランドを抜けると、地図子の大好きなトマソン

以前川が流れていた上に架かっていた堅磐橋です。

大宮を思い出しますね~!ここを下ると・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815234238j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815234243j:plain

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

倉敷美観地区の川が暗渠化される場所に出てきます。

地図子の本能的に、こういうところに潜ってみたくなってしまいます(笑)

水が遂に見えるところにくると・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815234248j:plain

 

ザ☆倉敷な街並みですね。

夏は柳の緑が白い蔵に映えて、とても綺麗です。

舟に乗っている人たちの帽子も可愛らしいですね。

 

f:id:chizuchizuko:20170815234325j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815234330j:plain

 

 

 

最後は、日本初の西洋美術館である大原美術館まで来ました!

大原總一郎さんが倉敷美観地区を守るために造ったであろう壁に感動です。

ただ、分館のこの個性的な壁にやられて、ギリシア式の本館は撮り忘れた・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815234338j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815234356j:plain

 

 

 

今回のブラ地図子@倉敷はここまでになります!

倉敷はもともと海で、商人の力を使って開拓し、

そこから米、紡績など活動を発展させながら、その裏で文化を守ってきた街でした。

 

 

 

また、今回は夜に「蔵びあ亭」というお店を訪れたのですが、

特に、鶏皮ポン酢ネギまみれとBeer煮込みハンバーグは本当にほっぺたが落ちました。

毎日でも行きたいおすすめなビアバーです♪

 

tabelog.com

 

 

 

皆さんも商売と文化の歴史を残す倉敷を楽しんでみては?♡♡

ブラ地図子 -番外編 尾道での思ひ出、2017夏-

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏

 

2017年は日本中で雨が多い夏となりましたが、

そんな夏もいいな、

と思わせてくれた尾道の千光寺展望台からの景色です。

 

f:id:chizuchizuko:20170904160510j:image

 

タイトルは「」でしょうか。

尾道水道に架かる光の橋。

半円全体を見れることも珍しいので、思わずカメラを向けてしまいました。

 

尾道の個性的な地形と歴史的な景色に感謝です。

一生忘れられない旅になりました。

  

chizuchizuko.hatenablog.com

 

PV5000回感謝エッセイ 自己表現の尊さについて

こんにちは、地図子です!

この度は晴れてPV5000回を迎えることができました。

いつも読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで

 

お題「ブログをはじめたきっかけ」

 

2017年1月8日から地図×鉄道×旅行についておよそ週1で書き始めて、早8ヶ月。

思い返せばブログを始めたきっかけは、

自分が中学生の頃からやらなければいけないと使命感に燃えていたことが

実際に仕事になったときに「あれ・・・何か違う」と違和感に変わったことでした。

 

 

 

その胸のもやもやがどうしても消えず、何も楽しく思えず、

「そういえば私、時間とお金がいくらでもあって自由だったら何するっけ・・・?」

と思ったときに閃いたのが、読書。

 

 

 

昔から読むことが好きで、社会人になっても毎週のように図書館に通っているし、

書くことも好きで、14年間日記をつけています。

ならばいっそ、本を書いてみる?

 

 

 

との軽い気持ちから、

自由大学の「自分の本をつくる方法」の講義に参加させていただいて、

深井次郎先生始め、「好き」を仕事に変えていく方々に出会いました。

 

freedom-univ.com

 

 

そして最後の課題で「自分が1冊だけ本を書くとしたら?」

という問いを考えたときに、

 

 

 

今まで自分は、人生の中の苦難を軸に

「やらないといけないこと」という想いで生きてきたけど、

死ぬ前に1冊だけ本を書くとしたら、「本当に心躍ること」で書きたい!

と思ってしまったのです。

 

 

 

そこからこのブログは時間とかお金とか地位とか考えずに、

地図子が「本当に心躍ること」を言語化するお庭になりました。

そんなお庭を覗いてくれた方が5000回分もいらっしゃって、嬉しい限りです。

そしてスターやコメントという名の太陽の光やお水もありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

かいてみて

 

PV5000回に達するまで、66個の記事を書きました。

スタンプラリー、川を歩く、ブラ地図子・・・

特に6月は本業にとてもストレスが溜まっていた中、

山手線一周の旅を毎日更新することが元気の源になっていました。

山手線もまた思い出が増えたら、もっと色々書けるだろうな~!

 

 

 

書いていく中で、色々なことを思い出しました。

例えば、私、妄想の家系図と地図書いて、妄想家族つくるの大好きだったよなーとか。

小さいときはいつも好きな名前の3姉妹をつくって、彼氏まで準備して(笑)、

みんながどこに住んで、学校がどのくらい近くて、

という妄想地図子ワールドをチラシの裏で繰り広げていました、そういえば。

いつからか、現実に埋もれていったなぁ。 

 

 

 

現実が積み重なり、積み重なり、

学生生活や友情、部活や受験、バイトや就職、見栄や意地も積み重なり、

塵も積もれば山になる、で

いつのまにか「私は文章を書きたい」とか「好きな地図を創りたい」と

言い出さなくなっていた自分がいた気がします。

 

 

 

代わりに現れたのが、明らかに「人の役に立つ」仕事という考え方です。

文章を書くってなかなか

「人の役に立っているか」が視覚化しづらい気がしたのでしょうか。

後は、どのようなキャリアパスがあるのかあまり考えたことがありませんでした。

小説家?フリーライター?本や雑誌の編集長?

 

 

 

 

 

 

 

でも、今回はお金とか仕事とか知名度とか深いことは考えずに、

とりあえず自分が好きでやっていることを文章化してみよう、と。

 

 

 

最初は読んでくれる人がいないんじゃないか?とか、

変な形で批判されるんじゃないか?とか、

今でも恐れることはありますが、

実際に書いてみるとすごくすっきりします。

今まで自分の中で貯めていた思い出や写真や文章が浮き上がってくる感じ。

そして好きなことでもまとめて書くことって想像以上に難しい。

納得いく文章を書くとなると、とんでもない下調べが必要だなと思います。

 

 

 

そして思うのは、世の中のありとあらゆる自己表現に従事している方々は、

本当に尊いな、ということです。

 

 

 

正直このブログは地図子が好きなことを書いていて、

誰も読まなくても生活には困らないわけです。

 

 

 

先日、過保護のカホコでも黒木瞳さん演じる泉お母さんが、

「世の中で関わっちゃダメなのは 役者とミュージシャンと画家の卵」 

と言っていたのですが、確かに自己表現は

「相手に受け入れられるか分からない」

という点で不安定な行いなのだと思います。

努力しても努力しても相手に受け入れられなければ芽は出ない。

 

 

それなのに、何回も読んでもらったり、

スターや「面白いです!」とのコメントをくださったりすると本当に感激の涙です。

地図子は今はここまでですが、

そこから自分のアイディアが更に多くの人々の共感を得たり、お金になる人って

一握りですが本当に尊いなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

これから

 

まだ8ヶ月ですが、色々書いて、考え、

ブログはこの先もできる限り続けていこうと思います。

というのも、冒頭の日記の話もそうなのですが、

地図子が得意なことといえば、「こつこつ書くこと」だと思うからです。

大変なときこそ、「おりゃーー書いてやるーー!」となります(笑)

「こつこつ書いて」いれば、何か芽が出るかもしれないし、出ないかもしれないし。

 

 

 

他の人のブログで紹介されてみたいし、

はてなブログのホームページに載ってみたいし、

芽が出ないかもしれないし、とか言ってるけど、

何か人やお仕事と繋がるきっかけになったらとても嬉しいです。

 

 

 

そして並行して、もう1つチャレンジしてみようと思っていること!

実は、小説を書いてみようかなと構想を始めてみています。

 

 

 

本当に私に最後まで書けるのか?とか、

この分野に詳しい人私より死ぬほどいるんじゃないか?とか、

共感を得られるような文章になるのか?とか、

心配事を上げたらキリがないのですが、

とりあえず分からないことを1つずつ調べて潰していこうと思っています。

遠くのゴールに目をひそめるとくらくらしそうですが、

目の前の障害物を1つ1つ拾って慈しんでいけたら。

 

 

 

 

ストーリーは神田川を歩く第4弾で書いたような内容を想定していて、

期限は2018年12月末まで!

あー!公言してしまった!

そのときまで長い目で見守っていただけると幸いです。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

ここまで読んでくださって、

またいつもブログを読んでくださって、ありがとうございます!

 

 

 

まだ、PV5000回しか達成していない地図子ですが、最後に伝えたいのは、

皆さんも自分が好きなことを、今日まず1つやってみては?♡♡

そして、明日も1つ、明後日ももう1つ。

好きなことをこつこつ続けていれば、徐々に違った世界が開けてくる、

と地図子は信じています。

 

 

 

失敗しちゃうかも・・・上手くいかないかも・・・なんて悩まなくて大丈夫。

だって、それは大体失敗じゃない。

大事なのは、1度ホームランを打つことだから。

 

 

 

f:id:chizuchizuko:20170911184830j:image

(写真は「光」@高幡不動尊のお祭り)

 

ブラ地図子 -尾道編-

涼しくなってきましたね、地図子です!

そういえば来月の今頃は、毎年恒例の私鉄10社スタンプラリーが始まっている!?

どんなテーマになるんでしょうか。

果たして地図子の案は受け入れられたのか?

今年からはスタンプラリーの軌跡もこちらに書く予定なので、よろしくお願いします♪ 

 

私鉄10社スタンプラリーについての過去記事はこちら:

 

chizuchizuko.hatenablog.com

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

さて、引き続きブラタモリ祭りです!

今回は宮島から東に向かい、広島を通り過ぎたこちら♪

 

www.nhk.or.jp

 

尾道です!

 

地図子は今まで広島に行った経験はあり、

しまなみ街道を途中の生口島まで行った経験もあったのですが、

尾道はお初です!楽しみ!

 

 

 

まずは尾道駅前を歩いていてびっくり。

駅前の商店街なのに・・・建物の年季が入っていますね・・・

風が吹いたら折れそうですが、この寂しげな雰囲気、嫌いじゃありません。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232029j:plain

 

尾道駅前から有名な階段まで線路沿いを歩きます。

 

線路沿いを歩くだけでも階段だらけです。

中には今にも崩れ落ちそうな歩道橋も!

線路の反対側の家屋も空き家が目立ちます。

階段が多くて高齢者にはなかなか住みにくいようです。

この歴史的な風景を何か有効活用したいですね。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232031j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232037j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232206j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232224j:plain

 

ようやく千光寺踏切下に到着しました。

ここからオープニングでタモリさんと近江アナがお喋りしていた

ブラタモリのルート1、千光寺道を登っていきます。

皆で踏み切りが空くまで待機中。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232300j:plain

 

一番下から階段を数えながら登ります。

そういえばこの千光寺道には「猫の細道」たるものがあると聞いていたので、

本当に猫さまがいるのかな~?と思っていたら・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815232302j:plain

 

本当にいました♡

しかも小さい子猫さまが7匹ほど♡

静かな尾道で仲良く元気に育ってほしいです。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232356j:plain

 

段数を数えながら更に登ると、ようやくTHE☆尾道な場所に到着です。

この天寧寺三十塔の渋さかっこいいです。

629年前の室町時代建築当時は五十塔だったとの噂も。

中には五百羅漢が526体あるそうです。ドッペルゲンガーいるかな?

 

f:id:chizuchizuko:20170815232432j:plain

 

遂に階段をすべて登り切りました!

約350段あると聞いていたのですが、450段くらいあったような・・・

 

 

 

千光寺に着いたら、松尾芭蕉の句が!

山寺や文京区関口以外に尾道まで来ていたのか!

・・・え?来ていたっけ?

と思ったらどうやら長月庵若翁さんが松尾芭蕉の百回忌を偲んで詠んだそう。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232449j:plain

 

 

chizuchizuko.hatenablog.com

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

 

頂上でブラタモリで紹介されていた三重岩、

そして千光寺の名前の由来であるものの、

当時の光るバージョンは盗まれてしまった玉の岩も発見。

くさり岩は確認し忘れてしまいました・・・

 

f:id:chizuchizuko:20170815232629j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232508j:plainf:id:chizuchizuko:20170815232607j:plain

 

この後、遂に展望台から尾道を眺めたのですが・・・

なんとも今年の夏らしい尾道がそこにはありました。

・・・が!その写真は今週別日に公開したいと思うので、お楽しみに ♡

 

 

 

帰り階段を下る景色、

そして踏切を越えた先のレトロな商店街もとても素敵でした。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232702j:plainf:id:chizuchizuko:20170815232704j:plain

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり休んで、翌日尾道散歩の続きを開始です!

この日は晴れだったので、空と海の色が本当に透き通っていました!

じゃん!

 

お題「この色が好き」

 

f:id:chizuchizuko:20170815232933j:plain

 

鎌倉の成就院を思い出すような海がちらり。

ルート2で紹介されている浄土寺です。

建物と境内地は鎌倉時代の配置が残っているそうで、

京都の清水寺とこちら浄土寺のみ国宝に認定されているそうです。

 

境内の建物も赤く統一されていて、青空に映えます。

そしてタモリさんと近江アナが餌を買ったときには

びっくりするほど閑散としていましたが、

この旅では昔からの鳩さんがたくさん朝日を浴びていました。

 

f:id:chizuchizuko:20170815232806j:plainf:id:chizuchizuko:20170815232936j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232954j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815232804j:plain

 

尾道では商人がお寺や神社の建設のスポンサーとなっていて、

代わりに米の相場を伝える伝書鳩を飼っていたそうですが、

その屋根裏秘密基地も見てみたかった…!

 

 

 

 

 

 

 

さて、浄土寺の前の階段を下って、次はルート3にある昔の海との境界線を探します。

街中に普通に井戸が置いてあって、時代錯誤してしまいます。

まずは八阪神社厳島神社に到着です。猫さまもいました。

 

f:id:chizuchizuko:20170815233056j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233101j:plain

 

そこから裏手に回ると、海だった時代に造られた石垣をちら見できました♪

近くに八幡神社もあったのですが、

参道を横切って道路、そして、中心街を避けた山際に線路が通っています。

参道の中に道路が走っているのが見えるという何とも不思議な光景です。

 

鉄道があった場所にもともと建っていた家たちが、

明治以降尾道の景観を成す坂の家たちになっていきました。

 

f:id:chizuchizuko:20170815233113j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233304j:plain

 

 

 

 

最後は今回尾道で特に楽しみにしていたこちら!

 

f:id:chizuchizuko:20170815233325j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815233328j:plain

 

ばっちり「左 いづも往来」「右 天満宮道」と刻まれていますね!

人が多く往来していた街道だったということがよく分かります。

北に行けば商人の富の元、世羅町の荘園が…!

 

「真っ直ぐ」の方にあった小道がなかなかディープな雰囲気を醸し出していました。

 

f:id:chizuchizuko:20170815233330j:plain

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、今回のブラ地図子はここまでです!

尾道は街並みが本当に古く、路地や商店街がかなりいい味を出していました。

また、千光寺、浄土寺など歴史が詰まったお寺、

そして地形を活かした素晴らしい景色に感動しました。

皆さんもタイムスリップ気分を味わいに、尾道を訪れてみては?♡♡

ブラ地図子 -宮島編-

お題「もう一度行きたい場所」

 

9月になりましたね、地図子です!

前回の「過保護のカホコ」も神回でしたね~♪

合コンのシーンからバス停のシーンを20回くらい再生してます(T ^ T)

初くんをよしよししたい・・・いや、カホコによしよしされたい・・・

何を目指しているのか分からなくなってきましたが、愛ってスッバらしい!

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のブラ地図子では、広島を去り、こちらに到着です!

 

www.nhk.or.jp

 

こちらも広島同様、学生のときに訪れたことがあるので、

9年ぶりの宮島訪問になります♪

9年前の記憶としてはとりあえず鹿の写真を撮りまくったような・・・

 

久しぶりに宮島行きの船に乗ります。

改めて見ると確かに島の稜線が観音様の横顔に見えます!!おお~!

 

f:id:chizuchizuko:20170815231541j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815231535j:plain

 

島に上がると、まずは巨大しゃもじ!

こちら9年前にも友達とみんなで写真を撮りました。

そして定番の鹿さん!

学生の頃は奈良に行ってから宮島に行ったので、

鹿は観光地ならばどこにでもいるんだと思ってました(笑)

よく考えると奈良も宮島もかなり神聖な場所ですね。

 

f:id:chizuchizuko:20170815231626j:plainf:id:chizuchizuko:20170815231728j:plain

 

ようやく有名な鳥居に到着です!

表には「厳島神社」、裏には「伊都岐島」と書いてあるそうですが、

満潮なので裏は見えず・・・

 

ちなみに宮島は満潮のときに見るか、干潮のときに見るか

(「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」みたい)

という議論があるのですが、地元の人にアンケートを取ると、

100%満潮がオススメ

だそうです。

 

f:id:chizuchizuko:20170815231646j:plain

 

ここからは本殿を見学です。

本殿は12世紀に平重盛が整えたという「寝殿造」になっています。

 

そして支えている柱の下部は確かに

海水でくさったときにこまめに取り替えられるように「根継ぎ」になっています。

 

赤の本殿は青い海とのコントラストが眩しい!

清水寺みたいな塔もあるし、

前回の跨虹橋のような高低差激しい橋も発見です。

 

chizuchizuko.hatenablog.com

 

 

f:id:chizuchizuko:20170815231731j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815231735j:plainf:id:chizuchizuko:20170815231738j:plain

 

そして9年前はお喋りに夢中で気が付かなかったのですが、

宮島の街並みが昭和風でとても美しいです!

ロープウェーへ続く道は小京都・高山を彷彿させます。

それにしてもこの日は青空が綺麗!って感じですね~。

 

f:id:chizuchizuko:20170815231827j:plain

f:id:chizuchizuko:20170815231829j:plain

 

・・・というわけで、本日のブラ地図子はここで終了です。

 

 

 

えーーーーーっ!!?

弥山山頂登って、花崗岩の割れ目「節理」見ないの???

霊火堂のタモリ地蔵は?紅葉谷川は?

 

 

 

という感じですが、残念ながら時間オーバー・・・(泣)

9年前もロープウェーには乗っていないので、次回こそは3度目の正直で!

節理を目的に宮島観光したい24歳女子なんて、他にどこにいるんだって感じですが(笑)

すっかり海が引きつつある宮島と泣く泣くお別れです。

 

f:id:chizuchizuko:20170815231841j:plain

 

 

 

また近々宮島を踏破する機会に恵まれますように!

皆さんも鹿と戯れながら、

波を耐え抜く宮島を見学してみては??♡♡